関西を中心に活動する、ハープ奏者・佐々木美香のブログ。ハープのこと、コンサートのお知らせ、日々の出来事をのんびりと綴っていきます。
2011年 10月 16日 |
オペラ「ねじの回転」2回公演、無事に終わりました!
観に来てくださった方、ありがとうございました。

初めてのプロオーケストラデビュー、にしては過酷でした。笑
以前の記事でも触れましたが、このブリテン作曲のオペラのオーケストラは全部で13人。すべてのパートが一人ずつ。
管楽器の方は全員持ち替えだし、ピアノの方もチェレスタと2台だし、打楽器にいたっては奏者の方が「今までで最多」と言われるぐらいの楽器の数!一体いくつあったんだろう、、、

曲も難しくて、私はもちろんですが、皆さんも苦戦されてました。アンサンブルが本当に難しかった!
でもその分出来たときの喜びは大きく、本番は緊張しながらも楽しむことができました。


最初はずっと人見知りしてましたが、オケの皆さんはとっても良い方ばかりで、精神的にも音楽的にも何度も支えて頂きました。
打ち上げでも「音がきれい」と言ってもらえて...パリで勉強してきた成果が少しでも出ていて良かったです^^

スタッフの皆さんや歌手の皆さんも、素敵な方ばかりでした。それぞれの役割があって、皆でひとつのものを作り上げて...そこに自分も加われるということが、どんなに幸せかということを実感しました。


来月もオペラ「イル・トロヴァトーレ」でご一緒させて頂きます。その時までに、また少しでも成長できるように頑張りたいと思います。


初めてのプロオケ、本当に貴重な経験をさせて頂きました。
心から感謝の気持ちでいっぱいです。
今日のこの日を決して忘れずに、これからも胸張って「ハープ奏者です」と言えるように頑張っていきたいと思います^^
[PR]
2011年 10月 15日 |
昨日無事にオペラ「ねじの回転」の初日が終わりました!
この感想は明日の公演が終わってからゆっくり書くとして...

今日は音響オペレーターのお仕事で泉佐野まで行ってきました。
現場にひとりで入ったのは、2年半ぶり!留学後の復帰戦でした。
いつもは披露宴のPAをしていますが、今日は人前式。披露宴よりも時間は短いし、やることもシンプルなんですが…
チャペルだから響きすぎてしまって、しかも雨で湿度が高かったので音量のバランスが難しかったです><
機械から出る音も、温度や湿度や天候によってかなり左右されます。
どんな状況でも「自分の音」が出せるPAになりたい!

初めて行く会場でしたが、スタッフの皆さんに優しくして頂いて、楽しいお仕事でした♪
最近、出会う人出会う人が素敵な方ばかりで幸せです。


明日はねじの回転の昼本番!これで最後の公演です。
役者さん、オケの皆さん、スタッフの皆さんと一緒に最高の舞台を作りたいと思います^^頑張ろう!
[PR]
2011年 10月 14日 |
ついに念願の!アイリッシュハープを購入できることとなり...♪
カタログを送って頂いて、毎日にやにやしながら見つめています。
イタリアのSalvi社のものなので、実際手元に届くのはまだまだ先ですが…。
a0224097_827286.jpg

最近のハープはカラフル!
これも赤・ピンク・黄色・緑・青....と10色から選べます。
でもやっぱりハープは普通のダークブラウン系が好き♥

そんな今日は、いよいよ!オペラ「ねじの回転」初日です。わくわくしてます^^♪
楽しんできます!
[PR]
2011年 10月 11日 |
HP(ホールプロ)無事に終了しました。
ようやく少し余裕を持つことができるようになって、まわりの音がとてもよく聴こえるようになり、楽しくなってきました^^今日は指揮者の方にお褒めの言葉を頂けて、一安心です。
本番までまだ時間はあるので、もっともっと良い演奏を目指して頑張りたいと思います。

書き込みがぐっちゃぐちゃで分かりにくかったので、全部コピーし直して作ったパート譜とスコア。あと5日のお付き合いです^^
a0224097_2250305.jpg

マイナーなオペラなので、もうこの先演奏することはないかもしれませんが、デビュー戦でこの難易度!一生忘れないと思います。笑

明日はGP(ゲネプロ)!
本番前の最後の練習です。頑張ります^^
[PR]
2011年 10月 10日 |
ハープ関係のお仕事の他に、結婚式の音響オペレーター(PA)のお仕事もやっているのですが、久しぶりに現場に入りました。

私が留学していた2年間の間に会場がリニューアルして、設備も新しくなり、仕事内容も変わったので、今日はボスの隣で見学させてもらうことに。
ボスの音響はいつでもかっこいい!同じ機械から流れてくるものなのに、音が生き生きするのです。

この仕事を始めたときからずっと、「PAは指揮者と同じ」ということを言われて来ました。機械を扱うというよりも、自分が指揮者になったように音楽を作り上げるというか。文字で説明するのはとても難しいのですが(^_^;)

音響オペレーターは、一見「決められた音楽を決められたタイミングで機械を操って流すだけ」のように見えますが、突き詰めれば実はとっても繊細な作業で、センスも必要なので、演奏家として学ぶことも多いのです。

お仕事させて頂いてる式場では19歳のときからお世話になっていて、演出・聖歌隊・ハープ演奏・新婦モデルを経て現在音響オペレーターをしているので、とーーっても思い出深い場所です。
大好きな人たちとまた一緒に働けるのが嬉しい♥

今週末はPAとして復帰することになっているので、新郎新婦の大切なイベントを盛り上げられるように頑張りたいと思います^^♪


さて、明日はオペラのHP!ハープ奏者モードに戻ります><笑
[PR]