ハープ奏者・佐々木美香のブログ。ハープのこと、コンサートのお知らせ、日々の出来事をのんびりと綴っていきます。
2018年 09月 16日 |
敦賀市民ミュージカル昼夜二回公演、昨日無事に終演いたしました!二回ともたくさんのお客様にお越しいただき、なんと「昼が良かったから」と夜の公演にも来てくださった方がおられたそうです。
私の出番は多くなかったのですが、出演していた子供たちや敦賀市内の中高生が本当に一生懸命で素晴らしかったので、それをたくさんの方に見ていただたことも嬉しかったです!なんだか勝手に親気分になってしまった一日でした(笑)

このミュージカルが始動したのは春ごろ。4ヶ月という短期間で本番まで持っていくことは、通常ではありえないそうです。台風や大雨でお稽古が中止になったりと、本当に大変だったそうですが、子供たちはみんな明るくて前向きに楽しんでいて、私も励まされました。
心から楽しかったし、この舞台の一員になれたことを幸せに思います。

演目は「サウンド・オブ・ミュージック」にアレンジを加えたもので、私は「ハープが弾ける家政婦 シュミット」という役でした。
てっきりお話を頂いたときはオーケストラピットでハープを弾くものだと思っていたら、送られてきたのは楽譜ではなく台本(笑)
ほんの数行ですがセリフもお芝居もあり、また舞台上で大佐が歌う「エーデルワイス」の伴奏をしました。(オリジナルではギターの弾き語り)
同じくゲストだった、ミュージカル女優の増田朱紀ちゃんに演技指導をしてもらって、精いっぱい演じました!楽しかった~!
a0224097_11243999.jpg
↑ちょっと意地悪なセリフを言っているとき。顔が...(笑)

朱紀は演技も歌もさすが!!!圧巻でした。素晴らしかった!
振付も担当していたり、最後の最後までみんなの演技や振りの手直しをしたり、キャストの舞台メイクをして回ったり、大活躍でした!お疲れ様♪
a0224097_11243946.jpg
メインキャストの皆さんをはじめ、敦賀の中高生も合唱やチアや司会役など大活躍で、まさに敦賀市民の力で作り上げられた舞台でした。
出演者とスタッフみんなで舞台を作り上げている感覚がとても嬉しくて楽しくて、カーテンコールは感動して泣けました(;_;)

4ヶ月という本来ではありえない期間で、お稽古と準備を重ね、見事成功させた関係者の方々に、心からのブラボー!


舞台・音響・照明のスタッフさん方も皆さんプロフェッショナルで、何の不安も心配事もなく、出番に集中できました。

a0224097_11243981.jpg
ハープはセットの一部として、ガラガラガラ~と舞台を出入りしていました。なかなか無い光景!

打ち上げではキャストとスタッフでお互いを称え合ったり苦労話を共有して、本当にたくさんの人の力があって成り立ったんだな、私もその一員だったんだな、と実感しました。
とにかく楽しくて、幸せで幸せで幸せなお仕事でした。またこういうご縁に恵まれるよう、これからも頑張ろうと気合いが入りました。ありがとうございました!


[PR]
2018年 09月 10日 |
昨日、「こもれ陽の会」無事に終演いたしました!
幼いころから、コンクールやコンサートなどで思い入れのあるハーモニーホールふくい。ホールの雰囲気や、開演前に鳴るハープのメロディ(ベルではなく、オリジナルのメロディが流れます)、すべてが懐かしく、けれど新鮮でもあり、不思議な気持ちでした。
a0224097_17265875.jpg
高校の同級生でもある増田朱紀さんと、
オペラ《カヴァレリア・ルスティカーナ》より 「アヴェ・マリア」と、オペラ《つばめ》より「ドレッタの美しい夢」の二曲を演奏しました。
本番の朱紀の歌、素晴らしかった!!いつも貪欲で、前向きな彼女に励まされています(*^^*)

「こもれ陽の会」を主宰されている勝木陽子先生は、私が声楽専攻だったときの先生。ハープに転科した後も、副科声楽を見ていただいていました。今回このような形でご一緒できて、本当に本当に感激でした!
a0224097_17265891.jpg
ナレーションを担当されたのは、NHK福井のアナウンサーで、勝木先生の門下生で、高校の後輩でもある羽生ちひろちゃん。曲の解説も分かりやすく、さすがの安定感でした。毎日のようにテレビで観て応援しているので、再会できて嬉しかったな(*^^*)

他の出演者の方々も、演奏はもちろんお人柄も素晴らしい方ばかりで、打ち上げでもたくさんお話させていただいて、充実した幸せな一日でした。お足元の悪い中お越しいただいたお客様、ありがとうございました。

娘も、私の出番中は一言も喋らずいい子で聴けたようです♡
ホワイエにあるハープにも興味津々でした!私もまじまじと見てみると、ハープがあまりにも精巧な作りでびっくりしました。弦はないけれど、ディスク部分やペダルなど、本物さながら!ぜひハーモニーホールふくいの小ホールホワイエに行かれた際は見てみてください♪
a0224097_17265987.jpg
さて、来週も朱紀と同じ本番。次はこちらです!
a0224097_20282911.png
a0224097_20283835.png
敦賀市民ミュージカルで、「ハープが弾ける家政婦・シュミット役」での出演です(笑)!!!オリジナルのサウンドオブミュージックにはない役どころ。どうなることやら。。ワクワクドキドキ!
昼夜二回公演ありますので、ぜひぜひお越しください♪

[PR]
2018年 09月 02日 |
今日は紫苑交響楽団さんの定期演奏会にエキストラ出演させていただきました。
ハープがあるプログラムは、ドヴォルザークの序曲「謝肉祭」とストラヴィンスキーの「火の鳥」。
「火の鳥」は終曲だけ演奏したことがあるのですが、全曲通すとますます美しい曲で大好きになりました!物語が目に浮かぶようで、楽しく集中して演奏できました(*^^*)

紫苑交響楽団さんにはここ数年お世話になっていますが、福井に引っ越した後もこうして呼んでいただけて感謝感謝です。団員の皆さんは技術も情熱もあり、とてもいい方ばかりで、大好きなオーケストラです!またご一緒できますように(*^^*)

昨日はリハーサルがあったので、そのまま京都に一人でお泊まり。夜はヴァイオリン奏者の中嶋弥生ちゃんがディナーに付き合ってくれました♡弥生ちゃんは5年過ごしたハンガリーから、この夏完全帰国したばかり。これからの日本での活躍が楽しみです♡
a0224097_19400792.jpg
久しぶりに娘と一晩離れましたが、帰宅するとニコニコ駆け寄ってきてくれて、一気に疲れが吹き飛びました♡明日は娘の好きなことにお付き合いしてあげようと思います(*^^*)

[PR]
2018年 08月 20日 |
来月はいくつかコンサートの予定がありますが、今日はその中でも思い入れのある「こもれ陽の会」のお知らせをさせてください。

高校に入った時、私は声楽を専攻していました。
副科でハープに出会い、2年生に上がるときに転科させてもらったのですが、声楽の先生にそれを伝えたときの「これからなのに!」とおっしゃられた表情、今も忘れられません。

ピアノを辞め、声楽を辞め、(ドラムを辞め)、本当に金食い虫の私。。(^_^;)
もう辞められないぞという気持ちでハープを勉強して、なんとか今も続けられていますが、声楽の先生にはあの時の申し訳ない気持ちがずっと残っていました。

が、なんと!来月、その先生が主催されているコンサートにハープで出演する機会を頂きました!!
同級生の増田朱紀さんとデュオで、マスカーニの「アヴェマリア」、プッチーニの歌劇つばめ より「ドレッタの美しい夢」を演奏します♬
先生からも「楽しみです」と言っていただき、とても嬉しくわくわくすると同時に、とてつもない緊張が...。

会場はハーモニーホールふくい。こちらも小さいころからコンサートやらコンクールやらで思い入れのある会場です。
先生との再会も、他の素晴らしい声楽家の方々の演奏を聴くのもとっても楽しみ!ぜひお越しください♪
a0224097_19474962.jpg


2018年9月9日(日) 14:00開演(13:30開場)
第17回 こもれ陽の会 Vocal Concert

会場:ハーモニーホールふくい 小ホール
料金:一般/2,000円・学生/1,000円


[PR]
2018年 08月 18日 |
みくに未来ホール「0歳からのクラシックコンサート」は満員御礼!!
抱っこの赤ちゃん合わせて362名にお越し頂きました。

メンバーは昨日が初対面の、フルート・達川なつみちゃん、ヴィオラ・乾詩織ちゃん。
とっても気が合う3人で、幸せな本番になりました♡

楽しかったキッズスペースがあったり、いつでも出入りできるようになっていたり、プログラムに1曲ごとの時間が記載されていたり、親子コンサートとしてたくさんの気遣いがとても素敵でした。照明&映像演出もすごく良くて、スタッフの皆様のサポートのおかげで思いっきり音楽に集中できました♪

またこの3人で演奏できますように。
a0224097_19234523.jpg
子供を持って初めて、子連れでのコンサートがとても難易度の高いお出かけだということが分かりました(^_^;)
子供に生の音楽に触れさせたい、自分も聴きに行きたい。でも騒いで他の方に迷惑をかけてしまうことが不安。

今日は0歳からOK!泣いても騒いでも眠っても大丈夫というコンセプトだったので、賑やかな客席でしたが、演奏が始まると泣きやむ赤ちゃんもいたりして、音楽の力を実感しました。
もっともっと子供とその親が行きやすいコンサートが増えるといいなと思います。

充実した最高な1日でした。ありがとうございました!
[PR]